気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

docomo withに追加されたiPhone 7のポイント

 

f:id:topgun428:20190221080423j:image

 

公開日 2019年2月21日 更新日 2019年3月23日

 

月々サポートは適用されないもの、通信料金を毎月1,500円割り引く「docomo with」ですが、2019年2月27日よりiPhone 7(32GB)を対象機種に追加するとNTTドコモが発表しました。

 

2016年に発売されたiPhone 7docomo withの対象機種となったのは大きいのかなと思います。僕も1年ほどiPhone 7を所有していたことがありますが、2019年においても、iPhone 7でも十分なスペックを持っていると思います。

 

目次

 

 

 

iPhone 7の特徴

 

交通系電子マネー Suicaに対応

 

iPhone 7からFelicaを内蔵しているので、交通系電子マネーSuicaに対応しています。なので、駅の改札ではiPhoneをかざすだけで通ることができるのは便利ですし、電子マネーに対応している店舗なら買い物もできます。

 

 

・耐水性能を装備

 

iPhone 7には防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えています。特に耐水性能が気になる方がいると思いますが、耐水/防塵性能はIP67で、耐水に関しては「規定の圧力、時間で水中に浸水しても有害な影響を受けない」との記載があります。

 

耐水性能は高レベルみたいですが、あまり水などで濡らすことは避けたほうがいいと思います。

 

 

・4K動画も撮影できる

 

iPhone 6sでもそうでしたが、iPhone 7でも4K30fpsのビデオ撮影ができます。他には1080HD60fpsの動画撮影やスローモーションビデオに対応しています。

 

・イヤホンジャックが廃止

 iPhone7からイヤホンジャックがなくなったので、基本的にワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを使うか、有線のイヤホンを使う場合はイヤホン・ヘッドホンジャックアダプタを使用するかになります。

 

最初はBluetoothで接続する手間がかかりますが、ワイヤレスイヤホンもお手軽な価格で販売されている物もあります。

 

端末価格はSIMフリー版よりも安い

 

SIMフリー版とdocomo withでのiPhone 7の端末価格は

 

SIMフリー 50,800円

 

docomo 39,600円

 

共に税別価格ですが、docomo withで契約した方が端末価格は抑えられます。もちろんSIMフリー版なら格安SIMとの組み合わせで使うこともできるのですが、docomo withを24回分割払いにした場合には月々1,650円になります。

 

 

iPhone 7docomo withで契約した場合の料金の例

 

音声従量制のシンプルプランとデータプランを5GBにした場合ですが

 

シンプルプラン 980円

 

・ベーシックパック5GB 5,000円

 

・spモード 300円

 

iPhone 7 1,650円

 

docomo with -1,500円

 

月々の料金 6,430円

 

月々サポートはdocomo withでは適応されないものの、iPhone 7だけの契約なら月々6,430円、分割支払いが終わる3年目以降は月々4,780円になります。

 

これに家族など複数人で使用する場合はもっとお得になるみたいです。

 

 

iPhone 7docomo withで契約するのはお得

 

UQモバイルやワイモバイルではiPhone 7を購入できるようになったのですが、docomo withでもiPhone 7が追加されました。

 

このことに関しては、ドコモが端末代と通信料金を明確に区別する「分離プラン」の導入が何かしら関わっているのかなと思います。

 

それにしてもdocomo withにiPhone 7が追加されたのは大きいですし、携帯料金を抑えたい人などには有効的かなと思います。

 

追記 2019年3月23日

 

先日、docomo withの終了を検討しているとの報道が出ましたが、具体的なことはまだ決まっていないとのこと。すぐに終了するということではないと思いますが、同校はチェックした方がいいでしょう。