気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

新型Nintendo Switchを購入 開封と10時間遊んでみた感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

f:id:topgun428:20191123113808j:plain

 

公開日 2019年11月23日

 

 

2017年3月に運良く、当時品薄だったNintendo Switchを手にすることができたのですが、諸事情によりリリースを一旦はしたものの、また再購入する形に今回なりました。

 

今回は2019年8月に発売されたバッテリー駆動時間が伸びた新型Switchにするか、旧型だけどもニンテンドーストアで使える3000円のクーポンが付いたモデルを買うかの選択を迫られました。

 

そこで僕は新型のNintendo Switchを購入。近くの家電量販店で液晶保護フィルムを同時に購入して、今の時点で10時間ほどゲームをプレイしました。

 

この記事では新型Nintendo Switchのチェックと、実際に遊んでみた感想を書きたいと思います。

 

ただ、旧型のSwitchと新型のSwitchの違いは基本的にバッテリー駆動時間だけみたいです。

 

 

新型Nintendo Switchのチェック

 

f:id:topgun428:20191123113808j:plain

上記のように、外箱のデザインが変わりました。赤を基調としたデザインとなったので、旧型との区別はここをまず見れば良いと思います。

 

f:id:topgun428:20191123114012j:plain

箱の中身ですが、旧型と変わりがないと思います。まずは左右のJoy-Conと本体。僕はネオンブルー、ネオンレッドのモデルを選びました。

 

f:id:topgun428:20191123114114j:plain

そして本体に接続させるドックとHDMIケーブル、Joy-Conに取り付けるグリップがあります。あとはセーフティーガードも。

 

f:id:topgun428:20191123114415j:plain

外箱にはこんな貼り紙も付いていました。

 

f:id:topgun428:20191123114449j:plain

Joy-Conを本体に取り付けましたが、画質も旧型と変わりはないでしょう。画面は反射があります。

 

f:id:topgun428:20191123114551j:plain

裏面も特に変わりはないかなと。背面の任天堂のロゴがいいですね。そして指紋も付きます。

 

f:id:topgun428:20191123114653j:plain

一緒に購入したのが、この液晶保護フィルム。画面は綺麗な方がいいので、iPhoneの液晶保護フィルムも光沢がある物を使用しています。

 

 

 

持ち運び用の保護ケースや、プレイスタンドはすでに購入していたので、Switch本体と液晶保護フィルムの2点の購入でした。

 

実際にゲームを10時間ほどプレイした感想

 

実際に10時間ほどゲームをプレイしましたが、新型Switchはバッテリー駆動時間が長くなりました。

 

旧型は約2.5時間〜6.5時間(ゲームソフトによる)だったのですが、新型は約4.5〜9時間に変わっています。

 

今回は以前ダウンロード購入しておいたウイニングポスト8 2017という競馬シミュレーションゲームを携帯モードでプレイしてみました。また来月の何かソフトを買うまではこのゲームをやりこむことになりそうです。

 

携帯モードでおよそフル充電から1時間半ほどプレイしてみましたが、85パーセントほどのバッテリー残量がありました。

 

 ゲームによって異なるのですが、携帯モードでのプレイがメインの人は新型Switchを選択した方が賢明だと思います。

 

据え置き機としても携帯機としても遊べるNintedo Switchは便利

 

Nintendo Switchはテレビに接続して据え置き機として遊べますし、携帯機として外出先でもプレイできるのが最大の特徴です。

 

性能としてはSONYプレイステーション4の方が良いですが、様々なシーンでゲームをプレイできるのはSwitchの良さです。

 

クリスマスや正月に新たにゲーム機を購入したいと考える人もいるでしょうし、ゲームタイトルも揃ってきているNintendo Switchは評価に値するガジェットだと思います。