気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

Amazon Prime会員の自宅での主な利用術について

f:id:topgun428:20191129183046j:plain

この記事を書いている時点では、コロナウイルスによって外出を躊躇う時期になっています。そして週末の東京は都民に不要不急の外出を控えるようにアナウンスされています。

 

自宅で仕事や作業をする人も多いでしょうし、週末は外出せずに自宅でゆっくり過ごす人もここ最近では多いと思います。

 

そういう時には自宅で楽しめるコンテンツがあると便利ですが、月額500円、年会費4900円で利用できるAmazon Prime会員になって、コンテンツを楽しむのも良いと思います。

 

僕自身も3年以上利用しているサービスで、改めてAmazon Prime会員になるメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

目次

 

Amazon Prime会員ならお急ぎ便などが無料

 

不要不急の外出を控えるようになったことで、自宅で注文できるAmazonを利用する人も多いでしょうが、Prime会員になればお急ぎ便が無料で利用できます。

 

商品の在庫状況や物にもよりますが、お急ぎ便を利用すれば、前日の夜に注文しても翌日までには商品が到着できることが多い(もちろん購入者の居住地にもよりますが)ので、僕もよく利用しています。

 

通常配送だと到着までに2〜3日かかる場合が多いのですが、お急ぎ便なら待ち時間を短縮できるので、せっかちな人には良いと思います。僕もせっかち君ですし。

 

プレイしたいと思っているテレビゲームや、視聴したいと思っている映画のブルーレイなどを注文する時には、このお急ぎ便のサービスは有効的だと思います。

 

Amazon Primeビデオの利用

 

Prime会員になることで、Amazon Primeビデオで視聴できる映画やドラマ、アニメやドキュメンタリー番組などを追加料金を払わずに視聴できるコンテンツもあります。

 

もちろん全コンテンツが無料ではないのですが、対象コンテンツなら会員料だけで多くのコンテンツを視聴できます。

 

僕自身は映画やドラマ、アニメなどを視聴する機会は少ないですが、気になった作品や女優が出ているコンテンツは流し見などをしたりします。

 

そしてYoutubeのように、ジャズなどのリラックスできるBGMも利用できるので、僕はそういった音楽を流してブログ記事更新などの作業をすることもあります。

 

Amazon独占ドキュメンタリーなどもあるので、映画やドラマ、アニメに興味がある人や自宅での暇つぶしに利用するのもいいでしょう。

 

Prime Readingの利用

 

電子書籍になりますが、Primeビデオと同じような感じで、Prime Readingという会員なら書籍や雑誌などが追加料金を払わずに読めるサービスがあります。

 

対象となっている本は決して多くはありませんが、読み放題ですし、中には良本もあります。僕はビジネス本や自己啓発本などを読んでいます。

 

電子書籍ですが、スマホタブレットにアプリをダウンロードしてログインすれば利用することができますし、本をダウンロードすればすぐに読めるのも利点。わざわざ書店などに行かなくて済みますしね。

 

最近は若者の読書離れが進んでいるというデータもあるので、しっかりと読書をして知識を得ることは重要だと思います。

 

その他のサービスとまとめ

 

他にも写真をクラウド上に保存し、閲覧できるAmazon Photosや、Amazon Musicなどのサービスもあります。

 

Amazon PhotosはPrime会員なら写真を保存できる容量が無制限、Amazon MusicはPrime会員なら200万曲以上が聞き放題です。

 

Prime会員になると、使い勝手が良くなるサービスが増えるので、この機会にAmazon Prime会員になるのもいいのではないでしょうか。