気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

オリンパスOM-D E-M10 Mark 3を4週間ほど使用してみて

f:id:topgun428:20200709053209j:plain

 

今月の初めに、新しいミラーレス一眼としてオリンパスのOM-D E-M10 Mark 3 ダブルズームキットを購入して4週間ほど経ったので、使ってみての感想を書きたいと思います。

 

本来ならマイクロフォーサーズよりもセンサーサイズが大きい、APS-Cサイズのミラーレスを購入した方が良かったのでしょうが、自分の使用用途と値段でE-M10 Mark3を購入しました。

 

このご時世ですし、まだ使用回数は多くはないのですが、やはり写真や動画が撮りたいのならミラーレス一眼カメラは持っておいた方がいいのかなと思います。

 

目次

 

E-M10 Mark 3を購入した理由をもう一度

 

今の時代はスマートフォンで気軽に撮影できるとはいえ、やはり専用カメラの方がズーム撮影時などではまだ上だと思います。

 

僕はプロ野球の観戦時に使用したいと思っていて、そうなるとやはりズームしても高画質で撮影できるカメラが必要。

 

そして4K動画も撮りたいと思っていたので、ダブルズームレンズキットで5万円台で販売されているオリンパスのE-M10 Mark 3を購入しました。

 

レンズは14-42mm F3.5-5.6と40-150mm F4.0-5.6が付属。40-150mmはマイクロフォーサーズだと80-300mm相当ですし、さらにデジタルテレコンで2倍ズームができます。

 

そうなると望遠端は600mm相当までいけるので、それでどこまでいけるかという感じです。

 

E-M10 Mark 3を4週間使用してみての感想

 

ミラーレス一眼なので、サイズはコンパクトだと思います。なので持ち運びやすいサイズですね。そしてシルバーが入っているボディ(シルバーとブラックの2色があります)も何かいいです。

 

コロナウイルスによって気軽に外出できる感じではなく、イベントもあまりやっていないので都内の公園などで撮影をしてきました。主に7月上旬での撮影です。オートモードでの撮影で、写真はサイズを小さくしています。

 

f:id:topgun428:20200801113843j:plain

14-42mm 焦点距離14mm F値 f/4.5 露出時間 1/250

 

f:id:topgun428:20200801113855j:plain

14-42mm 焦点距離 14mm F値 f/4.5 露出時間1/500

f:id:topgun428:20200801113910j:plain

14-42mm 焦点距離 14mm F値 f/4 露出時間1/320 

 

f:id:topgun428:20200801113920j:plain

40-150mm 焦点距離 40mm F値 f/4 露出時間1/400

 

f:id:topgun428:20200801113931j:plain

40-150mm 焦点距離 150mm F値:f/5.6 露出時間1/320

 

写真の画質はこんなものかなと思います。動画も撮りたいのですが、イベントなどをあまりやっていないので、撮れるものがあまりないんですよね。

 

ミラーレス一眼を買ったはいいけれど、ここまでは使用頻度は多くないです。今後は何かイベントを撮影できればと思います。

  

課題は撮りたいと思わせるイベントの縮小

 

E-M10 Mark 3自体は悪いカメラだとは思いませんが、先ほども書いたようにこのご時世なので、イベントなどが自粛や縮小されていることであまり出番がないことです。

 

プロ野球観戦で使用したいと思っていたのですが、8月まで5000人までしか入れられないので、チケットは高騰し、場合によってはチケットが取りにくい状況です。

 

せっかくカメラを持っているのだから、都知事から自粛要請がなければ、暑い時期でも何か撮りたいと思っていますね。

 

撮影をしながら、ミラーレス一眼カメラやE-M10 Mark 3をより深掘りしていければと思います。