気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことを書いているブログです

iPhoneには保護フィルムを貼ったほうが良いと思う理由

f:id:topgun428:20181016105627p:plain



 

公開日 2019年2月28日

 

 

僕は現在、iPhone XRを所有しているのですが、保護ケースを使用していないものの、画面割れやキズを防ぐために、画面と背面に保護フィルムを貼っています。

 

中にはiPhoneに保護フィルムを貼らない人もいるでしょう。いわゆる裸族という人ですかね。iPhoneのデザインが好きな人に多いのでしょう。

 

僕は万全を期して保護フィルムを貼っているのですが、iPhoneなどのスマホに保護フィルムを貼ったほうが良いと思う理由を書きたいと思います。

 

目次

 

もちろん画面を保護するため

 

f:id:topgun428:20181221182011j:plain
 

個人的には画面を割ったりしないように保護フィルムを貼っているのですが、これは他の人もそうでしょう。画面を割ると修理するのにかなり費用がかかります。

 

保護フィルムを貼ったからといって、確実にiPhoneを落下させた時に画面割れを防ぐと言うわけではないのでしょうが、やはり落下時の画面割れのリスクを減少させるために保護フィルムを貼るのは必須かもしれません。

 

 

保護ケースを使わず、iPhoneをスリム化にしたいため

 

f:id:topgun428:20181221181251j:plain

 

近年のスマホは大型化しているのですが、iPhoneも似たような感じです。iPhone XS Maxは6.5インチですからね。

 

なので保護ケースを使うとより本体が大きくなり、ズボンのポケットにすんなりと入らなかったり、より本体が重いと感じたりもします。

 

保護ケースを使用せずに、iPhoneの背面にも保護フィルムを貼ることで、本体をスリム化にすることができます。

 

それと、iPhoneの素晴らしいデザインを生かすには保護ケースを使わないほうが良いと思ったからです。そして背面のAppleのロゴも見えるようにという意図もあります。

 

キズをつけると買取時に減額されるから

 

Apple製品は本体価格も高いものが多いのですが、それだけに買取価格も高めです。iPhoneなどの場合は新しいモデルに買い換える時に、以前使っていたモデルを中古ショプなどで買取に出す人もいるでしょう。

 

やはり高価買取のコツとしてはできるだけキレイな状態で売却することですので、キズなどを付けると減額になることが多いはずです。

 

iPhoneの場合は本体全体を保護するのは難しいのでしょうが、保護フィルムなどを貼って画面や背面をキズから守ることも重要だと思います。

 

iPhoneには保護フィルムを貼ったほうが安心

 

もちろん買取時にできるだけキレイな状態で出したいのはありますが、画面割れのリスクを避けるのをもちろん、iPhone本体のスリム化や、背面に保護フィルムを貼っているのはAppleのロゴがいつでも見えるようにしているためです。

 

画面割れの場合は直すのに費用がかかりますし、保護フィルムは貼ったほうが得策だと思います。