気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE 第2世代のどれを買えばいいの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

f:id:topgun428:20201014110747p:plain

 


2020年10月現在、iPhoneはいくつかのモデルがあるので、どれを選ぼうか迷う人は多いと思います。

 

2020年10月にはiPhone 12の4モデルが発表となりましたし、これからiPhoneを購入しようとしている方も多いでしょう。

 

ここでは6.1インチサイズのiPhone 12と5.4インチサイズのiPhone 12 mini、そしてホームボタンが搭載されているiPhone SE 第2世代の3機種の比較をしたいと思います。

 

上記に挙げた3機種は、iPhoneの現行発売モデルでは上位人気になりそうなので、比較しながらどのモデルを購入すればいいのかについて書きたいと思います。

 

目次

 

iPhone 12、12 mini、SE 第2世代の主な特徴

 

ディスプレイ

f:id:topgun428:20201021085740p:plain

 

iPhone 12シリーズはSuper Retina ディスプレイを採用。有機ELディスプレイなのですが、iPhone 12シリーズのディスプレイの解像度は高いです。コントラスト比と画素密度も高めです。

 

そしてiPhone SE 第2世代の1,334×750という解像度は、iPhone 8と変わらないですが、それでもそれなりに綺麗に見えます。

 

本体の仕様

f:id:topgun428:20201021085814p:plain

 

ディスプレイサイズは先ほども書きましたが、5.4インチのiPhone 12 miniは4.7インチのiPhone SE 第2世代よりもコンパクトなサイズです。そして重さも15gほど軽いです。

 

防沫、耐水、防塵性能はiPhone 12と12 miniはIP等級68(最大水深6メートルで最大30分)になっており、iPhone SE 第2世代はIP67等級(最大水深1メートルで最大30分)になっています。

 

搭載チップはiPhone 12と12 miniは最新のA14 Bionicチップを搭載。このチップはiPad Air 第4世代にも使用されています。

 

iPhone SE 第2世代はA13 Bionicですが、これはiPhone 11シリーズに搭載されているのと同じチップが使われています。

 

カメラ性能

f:id:topgun428:20201021085829p:plain

 

iPhone 12とiPhone 12 miniはダブルレンズが搭載され、広角と超広角の2種類があります。超広角カメラはより広角に撮れるので、風景などを撮影する時などに役立ちます。iPhone SE 第2世代はシングルレンズのみです。

 

絞り値もiPhone 12シリーズは広角の場合、f/1.6なので、取り込む光の量が多いです。iPhone SE 第2世代はf/1.8ですね。

 

そしてiPhone 12シリーズはナイトモードを搭載。暗い場所でもキレイな写真が撮りやすいということです。

 

さらにはiPhone 12シリーズは光学ズームが搭載。画質の劣化を抑えながらズームができることができます。デジタルズームは3機種とも最大5倍ですが、ズームすると画像の劣化はどうしても起きてしまいます。

 

ビデオ性能

f:id:topgun428:20201021085858p:plain

 

3機種ともに4K動画は撮影できますが、iPhone 12シリーズはDolby Vision HDRビデオ撮影に対応しているので、よりリアリティのある映像が撮影できるようです。

 

そしてiPhone 12はビデオ撮影でも2倍の光学ズームアウトができます。デジタルズームは3機種ともに最大3倍ですね。

 

セキュア認証と5Gなど

f:id:topgun428:20201021090227p:plain

 

iPhone 12は高速通信の5Gに対応したことは大きな特徴です。しかし日本版はより高速なミリ波には対応しないようです。

 

そしてiPhone 12シリーズは顔認証で画面ロックを解除するFace ID式を採用しているのに対し、iPhone SE 第2世代は指紋認識で画面ロックを解除するTouch ID式を採用しています。

 

iPhone 12はバッテリーの持ちはiPhone SE 第2世代よりも優れていることに、MagSafeでの充電にも対応しています。

 

 

3機種のSIMフリー版の価格(税抜き)

 

f:id:topgun428:20201021091729p:plain

 

iPhone SE 第2世代は44,800円から購入ができるiPhoneです。税込でも5万円を切る価格ですね。なのでコストパフォーマンスが良いと評価されています。

 

iPhone 12 miniはiPhone 11の旧価格と同じです。そしてiPhone 12 miniに1万円ちょっと上乗せされた価格がiPhone 12になります。

 

iPhone 12の購入をオススメする人

 

f:id:topgun428:20201015173439p:plain



 

・最新機種が欲しい人

 

iPhoneのカメラ性能に魅力を感じる人

 

・それなりに大きいサイズのiPhoneが欲しい人

 

 

iPhone 12は5G対応になったからといって、日本ではまだインフラの問題がありますが、iPhoneで写真や動画を撮りたい人にとってはiPhone 12は魅力的な端末だと思います。

 

またディスプレイサイズもそれなりの大きさで、6.1インチサイズのiPhoneが欲しい人にとってはベターな選択になるでしょう。

 

2020年秋現在では最新機種なので、これから3~4年くらいは使えるiPhoneです。

 

iPhone 12 miniの購入をオススメする人

 

f:id:topgun428:20201021095645p:plain

 

片手で操作できるiPhoneが欲しい人

 

最新機種でもなるべく価格の安いiPhoneが欲しい人

 

小型でカメラ性能がよいiPhoneが欲しい人

 

 

iPhone 12 miniは4.7インチサイズのiPhone SE 第2世代よりも本体サイズは小さいので、片手操作はしやすいですし、それでいてカメラ性能も優れています。

 

価格も税抜きで7万円台から購入ができるので、価格を抑えつつ、コンパクトなボディとカメラ性能にこだわる人向きだと思います。

 

iPhone SE 第2世代の購入をオススメする人

 

f:id:topgun428:20200728012158p:plain

 

安いiPhoneが欲しい人

 

指紋認証にこだわる人

 

カメラ性能に多くを求めない人

 

iPhone SE 第2世代は4万円台から購入ができるiPhoneですが、iPhone 11と同じA13チップが搭載されているので、「コスパ最高」とも言われるiPhoneです。

 

そしてコロナ禍において、マスクをしながら画面ロックを解除できるTouch IDなのも、今の時代では重宝するでしょう。

 

Touch IDがよく、カメラ性能にも特にこだわりがない人はiPhone SE 第2世代がいいでしょう。

 

今日のまとめ

 

iPhone 12 Proは少し特殊なので、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone SE 第2世代を比較してみました。

 

iPhone 12は画面もそれなりに大きいですし、iPhone 12 miniは小型でカメラ性能も良い、iPhone SE 第2世代はTouch ID搭載でコスパは良いです。

 

iPhoneは安い買い物ではないので、それぞれの機種の特徴を踏まえて購入するのは必須ですね。