気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

東京2020オリンピックのネット中継で複数競技・試合を見る方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:topgun428:20210723230844j:plain

 

1年遅れで開幕した東京オリンピック2020ですが、開催には色々な考えがありながらもテレビやネット競技を視聴、あるいはチェックしている人も多いと思います。

 

僕も日曜日の夕方から夜にかけて、男子サッカーのグループステージの試合を視聴しました。日本対メキシコだけでなく、スペインやフランスの試合もです。

 

今回のオリンピックの競技は、ネットでも気軽に視聴できるので、パソコンやスマホから視聴している方もいるでしょう。

 

中には同時に複数の競技や試合を視聴したい人もいると思いますが、先日の男子サッカーの試合を僕はパソコンで2試合同時に視聴していました。パソコンやスマホタブレットを利用すれば複数の競技の同時視聴が可能です。

 

 

テレビだけでない、ネット中継でも視聴できる

 

今回のオリンピックも、テレビでは主に日本人が出場する競技や試合を中心に放送していると思います。ただテレビの中継よりもネット中継でオリンピックの競技を視聴するメリットもあると感じます。

 

www.gorin.jp

 

上記のサイトであるgorin.jpでは東京オリンピックの競技を視聴できるのですが、日曜日のオリンピックの男子サッカーの試合を見た限りでは、スタジオでキャスターが出演する事前番組のようなものはなく、単に競技や試合を視聴できるのでストレスはないですね。

 

テレビ中継だと、民放局のキャスターの意味不明な人選や的外れな評価をするキャスターの発言などがストレスに思っていたので、それに比べればネット中継はストレスは少ないかと。

 

ネット中継だと外出先でもお持ちの端末やパソコンで気軽に視聴できるはずなので、コロナ禍とはいえ、非常に便利な世界になったと感じます。

 

追記 2021年7月27日

 

NHKで中継している競技は、ネットだとNHKプラスでの視聴になるようです。民放で中継している競技はgorin.jpで基本的には視聴できるみたいですね。

 

plus.nhk.jp

 

オリンピックをネット中継で視聴するメリットとデメリット

 

f:id:topgun428:20210726130808p:plain

 

メリットとしては海外のチーム同士の対戦も視聴できるということ。日曜日の男子サッカーではフランス対南アフリカ、オーストラリア対スペインなどの試合を視聴できました。

 

グループステージでは日本戦以外は日本のテレビでは放送予定がないので、特に海外サッカーに興味を持っている人はネットで視聴するのが得策です。

 

あとは先ほども書いたように、スマホやパソコン、タブレットで同時に複数の試合や競技を視聴できる点です。もちろんテレビとの組み合わせもいいですね。

 

次の目次で書きますが、パソコンでも2画面表示で試合を観戦できました。僕は日本対メキシコ戦とオーストラリア対スペイン戦を同時に視聴していたりしましたから。

 

不満点は海外チーム同士の試合では英語実況か実況なしの場内音だけの音声設定ができるのに、日本対メキシコ戦は日本語音声オンリーで、場内音だけの設定はできませんでした。

 

f:id:topgun428:20210726130940p:plain

右下のヘッドホンのアイコンで音声の設定ができます。なおスクリーンショットも撮影できました。

 

配信を見る前に最大15秒ほどのCMが入るのは仕方ないと思いますが、日本選手出場の競技では日本語実況しか選択はなかったのがねえ。民放では実況が下手な人も多いですから。

 

あとは中継もロード状態になる時もたまにありました。日本対メキシコでも重要な局面でスムーズな視聴ができなかった記憶しています。このあたりは自宅の回線などの影響やアクセスの集中などが原因でしょう。

 

MacのSplit View機能で2画面同時で試合を視聴

 

f:id:topgun428:20210726131235j:plain

 

日曜日の男子サッカーのネット中継はMacBook Airから視聴していました。MacBookHDMI変換ケーブルを繋いで、テレビに映像を出力しての観戦でしたね。

 

ここでは2画面表示で見ていたので、2試合同時に観戦ができました。MacにはSplit Viewという機能があり、違うアプリを画面分割して表示させるようなものですね。

 

Macの標準アプリであるSafariからgorin.jpを開いて、2画面に分割しての視聴。テレビとMacBook Airのディスプレイ(デュアルモニターのような)を使えば3試合(あるいは競技)以上の試聴も可能だと思われます。

 

ただ僕のMacBook Airは古いモデルなので、2画面同時視聴だと結構メモリを消費します。ファンも動く状態になるので、なるべくメモリなどを中心にスペックはそれなりのパソコンで視聴した方が良いと思います。

 

大きい画面で見たいのならパソコンとテレビや液晶ディスプレイを繋いで視聴するのもいいですが、スマホタブレットと併用して見るのも手です。

 

今日のまとめ

 

今やネットでもオリンピックが視聴できます。DAZNなどのスポーツ動画を配信するメディアもすでにあるように、スポーツ中継の考えや見方も変わってきています。

 

ネット中継ならば複数の端末やパソコンの2画面表示を使えば、同時に複数の試合や競技が視聴できるので、この記事で情報を伝えたいと思いました。