気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

新作iPhone 11の特徴は?iPhone XRとの違いも

 

f:id:topgun428:20190911123942p:plain

 

公開日 2019年9月11日

 

 

現地時間の9月10日午前10時から開催されたApple スペシャルイベントで、iPhoneの新機種となるiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの3機種が発表されました。

 

iPhone 11は昨年発売されたiPhone XRの後継機となるのですが、今回はこのiPhone 11の特徴とiPhone XRの比較を書きたいと思います。

 

iPhone 11はiPhone XRと同じ6.1インチディスプレイですが、カメラが強化され、iPhone XRよりも販売価格は安くなりました。

 

 

f:id:topgun428:20190911130325p:plain

 

目次

 

 

iPhone 11はカメラが強化

 

実際のiPhone 11のプレゼンでは、カメラ機能について詳しく説明をしていました。iPhone 11では広角、超広角のダブルレンズ(2眼レンズ)が搭載されます。

 

iPhone XRはシングルレンズ(1眼レンズ)だけだったのですが、iPhone 11は超広角レンズによって、撮影時にはちょっと引いた写真を撮れます。

 

それと光学2倍ズームも搭載されます。光学ズームはなるべく画質の劣化を抑えつつ、ズームすることができる機能です。またデジタルズームはiPhone XRと同じ5倍です。

 

またiPhone XRではポートレートモードは人物にしか使用ができなかったのですが、人物以外ではペットなどでも使用ができるようです。

 

さらにはiPhoneシリーズでは初となる、暗闇でもキレイに撮れるナイトモードも搭載されます。

 

 

防沫・耐水・防塵機能がアップ

 

防抹・耐水・防塵機能もアップします。iPhone XRでは最大水深1メートルで最大30分まで耐えられるIP67等級だったのでした。

 

iPhone 11では最大水深2メートルで最大30分まで耐えられるIP68等級になります。これはiPhone XSと同じスペックになります。

 

 

A13Bionicチップを搭載

 

iPhone XRではA12 Bionicチップを搭載していたのですが、iPhone 11ではA13 Bionicチップが搭載されます。

 

A12チップでも十分な性能があり、A13チップとでは大きな性能差はないと言われていますが、チップが変わったのも変更点。

 

 

カラーバリエーションでは新たにパープルとグリーンが追加

 

iPhone XRではブラック、ホワイト、レッド、イエロー、コーラル、ブルーの6色展開でした。

 

iPhone 11ではブラック、ホワイト、レッド、イエロー、パープル、グリーンの6色展開となります。

 

コーラル、ブルーが無くなり、パープルとグリーンが新たに追加されることに。

 

 

74,800円(税別)から購入ができます。

 

キャリア版の価格は後日発表でしょうが、Apple Storeで購入ができるiPhone 11 SIMフリー版の価格(税別)は

 

 

 64GB・・・74,800円

 

128GB・・・79,800円

 

256GB・・・90,800円

 

 

iPhone XRSIMフリー版64GBの発売時価格は84,800円でしたから、1万円ほど値下げされている感じです。もちろん旧機種のiPhone XRは64GBの場合、64,800円から購入ができます。

 

 

今日のまとめ

 

スペシャルイベント前から噂されていたように、iPhone 11はダブルレンズカメラが搭載されました。そして価格の方はiPhone XRよりも値下げされての販売です。他にもiPhone XRよりもバッテリー駆動時間は1時間長くなりました。

 

2020年発売のiPhoneには5Gが搭載されるとの予想がされていますが、今の携帯を長く使用している人はiPhone 11に乗り換えても良いかもしれません。

 

iPhone 11の日本での予約開始は9月13日午後9時、発売は9月20日になります。