気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

iPad第7世代とiPad Pro 2020のどちらを買えばいいのかについて

 

f:id:topgun428:20200323145322p:plain

 

いきなり結論。専門的な作業をする人以外の多くの人はiPad第7世代を選択した方が良いと思います。だってiPad Proは高いですしね。多くの人にはオーバースペックでしょう。

 

iPad Proの新モデルとなるiPad Pro 11インチ第2世代とiPad Pro 12.9インチ第4世代が発表されましたが、これらは前機種となるiPad Pro 2018からのマイナーチェンジという評価になると思います。

 

普段使いには無印iPadでも十分だと思いますし、コストパフォーマンスに優れたガジェットだと思うので、多くの人にはiPad第7世代で十分ではないかと思います。

 

目次

 

iPad第7世代とiPad Pro 2020の主なスペックについて

 

f:id:topgun428:20200323150151p:plain

 

iPad第7世代とiPad Pro 2020の大事だと思われる部分を比較として表にしました。iPad Pro 2020の方が名の通りにiPad第7世代よりも優れた部分が多いのは当然なのですが。

 

その中でも特に違いがあったり、追記したい部分を下記に付け加えたいと思います。

セキュア認証

 

iPad第7世代はホームボタンが搭載されているので、指紋認証のTouch IDを使って画面ロックを解除します。

 

反対にiPad Proは2018年モデルから、最近のiPhoneに搭載されている顔認証のFace IDで画面ロックを解除することになります。

 

 搭載チップ

 

iPad第7世代はA10 Fusionというチップが搭載されていて、これはiPhone 7シリーズにも搭載されているチップです。

 

iPad Pro 2020はA12Z Bionicチップが搭載。iPad Pro 2018はA12X Bionicでしたが、A12チップはiPhone XS/XS Maxなどに搭載されているチップです。

 

搭載チップでもiPad Pro 2020の方は優秀ですが、少し前のiPad第7世代のA10 Fusionチップでも普段使いには十分な性能はあると思います。

 

 ストレージ 

 

iPad第7世代は32GBと128GBが選択できますが、32GBだとデータ残り容量が少なくなる人も多く出てくると思うので、128GBを選択した方は無難だと思います。反対にiPad Pro2020は最小容量が128GBで、最大1TBまで選択できます。

 

カメラ

 

iPad第7世代は広角カメラのみのシングルカメラですが、iPad Pro 2020はiPhone 11シリーズと同じように超広角カメラが搭載されています。またiPad Pro 2020は4K動画が撮影できます。

 

ProMotionテクノロジー

 

iPad第7世代のリフレッシュレートは60Hzですが、iPad Pro 2020は最大120Hzのリフレッシュレートが可能です。iPad Proの方がコマ数が多く表示されるので、より滑らかな動きになります。

 

iPad第7世代を買った方が良い人

 

iPadを初めて購入する人

 

・なるべく安くiPadを購入したい人

 

iPadで専門的なことをしない人

 

iPad第7世代は初めてiPadを購入する人に向いている機種だと思います。価格も34,800円から購入ができるので、予算も抑えられることができます。

 

また絵を描いたりするクリエイターなどの仕事をしない人もiPad第7世代はオススメできると思います。このブログでも過去のiPad関連の記事に書いてきたのですが

 

・ネットブラウジング

 

・動画視聴

 

SNSの利用

 

電子書籍閲覧

 

・音楽鑑賞

 

主にこれらの用途だったら無印iPadでも十分なスペックはありますし、iPad Proを買うよりかはiPad第7世代+Air Podsなどの他のApple製品の購入や購入資金に回した方が良いと思います。

 

 

iPad Pro 2020を購入した方が良い人

 

・専門的な仕事をiPadでしたい人

 

・Magic Keyboardを使用したい人

 

専門的な仕事をiPadでしたい人はiPad Proは良いと思います。特に絵を描く人にはProMotionテクノロジーは大きな利点だと思います。

 

それと2020年5月に発売予定のiPad Pro用のMagic Keyboardに魅力を感じる人もiPad Proが選択肢になると思います。ただ11インチ用でも3万円以上する商品です。

 

あとは大量のデータをiPadに保存したい人も、最大で128GBまでしかないiPad第7世代よりも、iPad Pro(あるいはiPad Air第3世代の256GB)の方が良いと思います。

 

 

今日のまとめ

 

やはり多くの人はiPad第7世代でも十分ではないかと思います。iPad Proはその名の通り、専門的な作業をする人向けではないかと思います。

 

それにiPad Pro 2020は値段が実質下がったとはいえ、128GBでも税別84,800円しますから、4~5万円ほど安いiPad第7世代の方がコストパフォーマンスは良いと思います。