気まぐれサブマリン

家電やゲーム、スポーツなど自分が気になったことや考えたことを書いているブログです

iPhone SE 第2世代を手に入れたのでレビューします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:topgun428:20200712110506j:plain

 

楽天モバイルからIIJmio格安SIM会社を乗り換えた時に、iPhone SE 第2世代とのセットで契約したので、発売日から少し遅めですがiPhone SE 第2世代のレビューを書きたいと思います。

 

ヨドバシカメラAkiba店でIIJmioのキャンペーンがやっていたことが要因で、iPhone SE 第2世代 64GB ブラックを手に入れることができました。

 

結論から書くと、Touch ID搭載で新鮮な感じはないですが、4万円台から購入ができるiPhoneとしてコスパは高い端末であると感じます。マスク装着時でも画面ロックを解除できるのも大きいです。

 

目次

 

iPhone SE 第2世代の主なスペック

f:id:topgun428:20200711101905p:plain

 

iPhone SE 第2世代の主なスペックについて上記の表にしてみました。SEという名称ですが、実質iPhone 8の後継機といった感じです。

 

4.7インチのディスプレイサイズと1,334×750ピクセル、326ppiなどはiPhone 8と変わりはないですね。バッテリー駆動時間もiPhone 8とほぼ同じとAppleの公式サイトに記載されています。

 

しかし、搭載されているチップがiPhone 11シリーズと同じA13 BionicであるのがiPhone SE 第2世代の特徴だと思います。最新のA13チップ搭載で価格が4万円台からというのは評価されていますね。

 

カメラ部分も大きな変化はないですが、撮影時にポートレートモードが追加されました。これによって人物撮影の時に背景をぼかすことができます。

 

そして指紋認証Touch IDを採用しているので、マスクをしていても画面ロック解除が可能です。このコロナウイルスが蔓延しているご時世では大きな強みですね。

 

 

iPhone SE 第2世代の簡単な外観

 

f:id:topgun428:20200712110601j:plain

簡単にiPhone SE 第2世代の外観を撮影した画像を載せたいと思いますが、背面はこんな感じです。ガラスデザインで、ロゴのサイズは大きくなり中央へ移動しています。

 

 

f:id:topgun428:20200712110614j:plain

付属品はEar Podsと冊子類にアダプタ。さらにはLightningケーブルなどが入っています。

 

f:id:topgun428:20200712110626j:plain

バックカメラはこんな感じ。やはりiPhone 8と変わりはないですね。

 

 

f:id:topgun428:20200712110642j:plain

ちょっと見辛いかもしれませんが、ホームボタンです。ちなみに僕は背面に透明のシリコンケースを着用しています。

 

その他の電源ボタンなどの配置もiPhone 8などと同じです。Apple製品のレビューをYoutubeに上げている方によると、コストをかからないようにするために残っているiPhone 8の生産ラインを使っていたのではないかという見解をしていました。

 

それによって最新のA13チップを搭載していながら、価格を抑えることができたのではないかと思います。

 

実際にiPhone SE 第2世代を使用してみて

 

僕はかつてiPhone 7iPhone 8を使用していたことがあるので、Touch IDのiPhone SE 第2世代に目新しさはあまりありません。iPhone 8と同じ筐体を使っているのでしょうし。

 

この記事を書いている時点ではまだ数日も経っていないのですが、それでも僕の使用用途では十分な感じがします。

 

4.7インチのディスプレイサイズは、手の小さい僕にはある程度フィットするサイズであると感じます。iPhone XRといった6.1インチのiPhoneを使用していたこともありますが、6インチ以上になるとやはり片手操作はしにくい。

 

そしてホームボタンが搭載されているのも大きな特徴ですが、コロナウイルスによってマスクをしての外出をしなくては行けないので、そういう時にTouch IDは重宝します。

 

iPhone SE 第2世代はiPhone 11シリーズと同じA13チップを搭載されていますが、ネットブラウジングや動画視聴などの動作などでは体感できるほとの速さはないかなと。それまでのチップが優秀だったのでしょう。

 

ディスプレイの解像度も悪いとは思わないです。1,334×750ピクセルでも及第点な画質だと思います。ただiOSの影響か、輝度が勝手に変わったりします。

 

バッテリーの持ちですが、使い方や輝度にもよるものの、すごい持つという感じではないです。ただとても負荷のかかる使い方をしなければ24時間は持つと思います。

 

本体をフル充電の状態から外出すれば、半日程度なら充電に困るということはないでしょう。

 

いずれにせよ、このiPhone SE 第2世代はコンパクトなサイズにTouch IDでロックを解除できるので、今後も需要があるiPhoneになると思います。

 

iPhone SE 第2世代の所感まとめ

 

コロナウイルスの影響で先が読めない時代であると思います。マスクを着用する時代がまだ続く可能性があるので、こういう時にはTouch ID式のiPhone SE 第2世代は重宝すると思います。

 

4.7インチというコンパクトなサイズですし、SIMフリーの64GBモデルなら5万円あれば購入ができるので、コスパに優れたiPhoneだと思います。

 

またiPhone SE 第2世代に関しての記事は書ければと思います。今日はこの辺りで。